デイトレード手法入門/デイトレード初心者向けにデイトレードの手法とやり方を解説するブログ

デイトレード初心者がデイトレードで成功するための手法やデイトレードのやり方を実例で解説します。
<< 天井で我慢できずに買ってしまう/株式投資成功の秘訣を先輩の失敗談から学ぶ | main | トレンドという言葉すら知らずにトレード/株式投資成功の秘訣を先輩の失敗談から学ぶ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
・ ・ ・
天井から下げに移ったまさにその局面で買い/株式投資成功の秘訣を先輩の失敗談から学ぶ
天井から下げに移ったまさにその局面で買い/株式投資成功の秘訣を先輩の失敗談から学ぶ

(※日本株短期売買研究会では、株式投資教材をお申し込み頂いた方から
後輩トレーダーのために「実話に基づく失敗談」をお寄せ頂いています。
先輩トレーダーの失敗談から学び、自分の株式投資に活かしましょう。)

個人投資家の株式投資失敗談

私が初めて株に手を出したのは、社会人3年目の1994年11月でした。
<銘柄選択>私は学生時代からオーディオ機器に興味があり
雑誌「ステレオ」を毎月購読しておりましたが、一時のブームは去りオーディオ業界は
不景気でした。その中で、アンプ、CDプレーヤー、カセットデッキなどの
各製品分野において次々に新製品を投入し、またベストバイコンポでも常に
上位に選出されるなど一人気を吐いていたのがソニーでした。
私は安直に「ソニーはいける!」と考えました。

<購入の経緯>1994年11月7日(月)、以前からMMFの購入で取引のあった
日興証券の担当者に電話で「ソニー株を買いたい」と5,700円で1単元(100株)の
指し値を入れました。その頃ソニーの株価は5,800円前後でしたので、
指し値の設定がまずく結局その週は買えなかったのですが、
その指し値注文を取り消すことなく翌週へ持ち越しました。
そして11月18日(金)に証券会社の担当者から「5,490円で買えました」と
電話を受けたとき、私は何が起きたのか理解できませんでした。
担当者の話では「ソニーがコロンビアピクチャーズの営業権を一括償却すると
発表したため株価が急落した」とのことでした。
その後、インターネットで新聞をチェックしたところ、11月18日がソニーの
中間決算発表日であったことを知りました。

<その後>その後株価は1995年6月(4,000円台)まで下げ続けた後、
上昇局面に入り、2000年2月には33,000円台をつけましたが、
私は損切りすることもなくまた高値で売ることもなく持ち続け、
現在も持ち続けています。
なお、2000年3月に1:2の株式分割があったため保有株は200株に増えております。

「成功するスイングトレード」基本編・実戦編を読み終えた今、
自分が初心者マークすらつけさせてもらえない「カモ」であり、
いくつもの誤りを重ねていたこと、また市場から撤退せずに済んだのは
まったくの幸運によるものであったことがよく分かります。自分が犯したミスを列挙すると、
・中間決算をまたいで指し値注文を出し続けた(一旦解除するべきであった)。
・天井から下げに移ったまさにその局面で買いに入った。
・株価が下げ続けたにもかかわず、ロスカットを全く行なわなかった。
(ロスカットという考え方を知らなかった)。
・その後株価が高値をつけたときも売ることなく保有し続けた
(ターゲット価格を設定するという発想がなく、またいつ売るべきか全く分からなかった。
勿論、リスク/理ウォード分析という考え方も知らなかった)。

これだけミスを重ねたにも係わらず現在に至るまで損失は被っておりませんが、
それは、
。院В欧粒式分割によって購入単価が半分に下がったり、
50数万円と少額の余裕資金しか突っ込まなかったことから塩漬けにして
おいても生活に困ることはなかっただけで、単に運がよかっただけです。

スゥイングトレードであれ、長期投資であれ、
何時いくらで売る/買うという判断を行う際には、チャートやテクニカル分析の
知識があった方が有利ですし、貴会が提唱される「コンビネーション・トレード」や
またターゲット価格・ロスカット価格の設定、リスク/リォード分析、
マネー・マネージメントといった考え方は絶対に必要であると思います。
「成功するスイングトレード」基本編と実戦編に巡りあえたことは
非常な幸運であり、あのような密度が濃くて役に立つ情報を私のような
サラリーマンにも手の届く価格で提供頂いた貴会には本当に感謝しております。

兵庫県西脇市 JFK in NYC さん

■ 個人投資家が株式投資で成功する秘訣とは?

■ 当ブログはランキングサイトに参加しています。
当ブログの内容が「面白かった!」「役に立った!」と思われる方は
下記↓をクリックして頂くと、とても嬉しいです。
=>blogランキングに参加中です。ここをクリックお願いします
ブログランキングバナー

| 株式・先物 投資失敗談 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
・ ・ ・
スポンサーサイト
| - | 08:52 | - | - | pookmark |
・ ・ ・
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
はじめまして
ブログ管理人様、突然のご挨拶を失礼致します 私たちは「学ぶ」事をテーマにした情報サイトを運営しているものです。 お役に立つ情報をご提供できればと思い、随時掲載、更新しております。 スクールやレッスン、資格等の情報も掲載しております。 尚、このトラックバッ
| マナブならcocoガイド | 2007/08/22 1:51 PM |
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
【デイトレード初心者の方へ



>>注意!!
『あなたはこちらのチャートでデイトレードの正しい売買ポイントが分かりますか?』
=>【デイトレード手法限定公開開始】




【無料限定公開】
警告:なぜ、ほとんどの人が株式投資で失敗するのか。
あなたはデイトレードやスイングトレードでこんな間違いをしていませんか?!

個人投資家が
短期トレードを
成功させる
4つのポイントを
読む方は下記をクリックしてください。

※1日閲覧30名限定
株式投資・短期トレード成功の秘訣公開中です。




あなたはスイングトレードで成功するための知識と技術と経験を短期間で身につけて成功したいですか?





【投資の極意レポート】
個人投資家の失敗から学ぶ
株式投資・先物取引で成功する極意

個人投資家が株式投資や先物取引、FX等で成功するには自らの経験から学ぶことも大切ですが、 他者の失敗を分析し、無駄な失敗を回避することも重要です。

本レポートは数年をかけて実在する個人投資家の方からご寄稿頂いた 「貴重な失敗談」を元に編集した投資レポートです。

愚者は自分の経験から学び、賢者は他者の経験から学ぶといいます。 彼らの失敗を学ぶことにより、あなたはこれから直面するかもしれない 大きなリスクを回避し、不要な失敗を避けるようにしましょう。

現在、この【個人投資家のための投資レポート】を無料で公開中です。 ご希望の方は下記からダウンロードしてご自由にお読みください。 (投資レポートはPDFファイルです。)
↓ ↓ ↓
【投資の極意レポート】
『個人投資家の失敗から学ぶ 〜株式投資・先物取引で成功する極意〜』



■何故、あなたは勝てないのか?
■投資のウソと相場のワナとは?
■富と夢と欲望を叶える。
■株の達人が続々!350通以上のお手紙やメールはこちら
■日本株短期売買研究会
■特別レポートの詳細
■特別レポート読者の感想
■デイトレードからスイングトレードまで株式投資手法の解説
■トレード教材情報
■通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示
■著作物に関する警告・規約・訴訟例について

分析方法とフェイズ
ファンダメンタル分析とテクニカル分析
株式投資や先物取引のトレード根拠となる2つの方法論を解説しています。
短期売買3つの局面
トレードにおける3つのフェイズ(局面)を知っていますか?
スイングトレード
リトレイス局面の株式投資法
20・40日EMAとRSIのリトレイスメント
株式投資や先物取引のトレードで移動平均線とテクニカル指標であるRSIを利用したトレード手法です。
聖 杯
トレードで有効な定石的な投資手法です。
スイングトレード
ブレイクアウト局面の株式投資法
出来高を伴ったブレイクアウト
ブレイクアウトはダマシも多い手法ですが、出来高を元にトレードすべきか見送るべきかの判断ができます。
テクニカル指標を伴ったブレイクアウト
ブレイクアウトはダマシも多い手法ですが、テクニカル指標を元にトレードすべきか見送るべきかの判断ができます。
スイングトレード
トライアル局面の株式投資法
オシレータのダイバージェンシーを伴ったトライアル
テクニカル指標のダイバージェンシー(逆行現象)を利用したトレード手法を解説します。
拡大タートルスープ
トレードで有効な定石的な投資手法です。
スイングトレード
その他の株式投資法
チャネルライン
株式投資や先物取引のトレードで利用できる簡単で初心者でも分かり易い投資法です。
ノントレンドとRSI
トレンドフォロー指標とオシレータの組み合わせによる投資手法です。
デイトレードの手法と
基本的なエントリーポイント
デイトレードにおける基本的なエントリーポイント
デイトレードにおける適切なエントリーポイントを知っていますか?
大底パターンのエントリーポイント
カップ・ウィズ・ハンドル
株式投資や先物取引のトレードでの大底圏でエントリーする手法です。
ダブル・ボトム
株式投資や先物取引のトレードでの大底圏でエントリーする定石的な手法です。
トレードルールの必要性
何故その値で買うのか?何故その値で売るのか?
トレードではエントリーする理由、手仕舞いする理由があります。
トレードにおける心理面の影響
株式投資や先物取引を行う際にはトレーダー自身の心理面のコントロールも重要になります。
参考書籍
短期売買の学習に役立つ書籍
● 短期売買の学習に役立つ書籍(ブログ版)
語句解説書
当ホームぺージ内で使用の語句の解説



S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
qrcode